【ポケモンGO】台南のサファリゾーンイベント初日に行ってきた!



僕たちは今、台湾の古都『台南』に来ています。

ポケモンを捕まえに。

今、台南では全域でレアポケモンが発生するイベントが開催中なんです。

今回はそんなサファリゾーンイベント初日にガチコスプレをして参加して見た、
イベントや街の様子をまとめました。

台南市内すべてでレアポケモンが発生!

10:30 台北から『高鐡』(台湾の新幹線)に乗り、台南駅に到着しました。

すでに駅ではジーランスやアンノーンの影が・・・

テンションが上がります。

まずはスーツケースや不要な荷物を置きたいのでホテルを急いでネットで探し、予約してチェックインすることにしました。

booking.comでホテルを見つけました。
2泊3日で8000円ほどとかなりお手頃なホテルが見つかりました。

今日から2泊3日で台南のポケモンツアーが始まります。

台南駅周辺でも順調にジーランスやアンノーンを捕獲。

街中でも地元の人に話しかけられたりとコスプレもウケて順調な滑り出しとなりました。

台南の様子がおかしい・・・

台南駅周辺でポケ活を進めていくうちに、途中からある違和感を抱くようになりました。

『なんかシケてない?』

確かにポケモンを開いている人は結構いるんですが、それほど多くない。

駅からすぐ近くにポケストップやジムが多くあるこんな大きい公園に行っても人がまばらです。

「平日の昼だし、日本以外ではポケモンの人気はこんなもんなのかな?」と思っていました。

すると、ある親切な台湾人ポケモン夫婦が僕たちに写真をお願いした後に気になることを言いました。

「チーメイには行ったの?」

「チーメイでポケモンのイベントをやってるよ」

チーメイとは『奇美』といい、なんと今回のポケモンイベントの会場だというのです。

僕たちは公式アナウンスの一番大事な部分を読み飛ばしていて、
危うく本来のイベントではない場所で1日過ごして無駄にするところでした。

というわけで、台南駅からタクシーで20分ほど、約700円で会場に到着。

ものすごい人!

午後2時頃に到着!
会場の『台南都会公園』では、ものすごい数のポケモントレーナーたちが。

ポケストップが無数に配置されていて、ものすごくテンションが上がります。

会場は意外と静かでしたが、ポケモントレーナーたちの熱気を感じました。

イベントの内容

簡単に今回のイベントをまとめます。

イベントは11月1日〜5日の10:30〜16:30、メイン会場は『台南都会公園』なんですが、限定ポケモンは台南市全域で出現します。

①ジーランスが出る!

まず目玉の一つがニュージランド限定のポケモン『ジーランス』が出現します。

約3時間で35匹程度と、僕たちからすると十分テンションが上がるんですが、韓国でのイベントにも参加した人によると今回のイベントは「湧き具合がイマイチ」だそうです。

②アンノーンが7種類出現!

T,A,I,N,Z,O,E (TAIWAN ZONE)の7種類のアンノーンが今回は出現します。
!マークのアンノーンも登場するという噂があったんですが、残念ながら出現しませんでした。

③色違いのカイロス

色違いのカイロスも先行実装されています。

④色違いの出現率アップ!

公式にはアナウンスされていないと思いますが、色違いポケモンの出現率が大幅に上がっています。

カイロスはもちろん、カブトやチルットなどすでに実装された色違いポケモンをゲットできました。
4アカウントで数時間で10匹以上の色違いをゲットしました。

⑤その他レアポケモンがたくさん出る!

それ以外にも、タツベイ、ナックラーなど普段10kmタマゴから生まれるレアポケモンが大量発生しています。
タツベイは数ヶ月後のコミュニティデイに備えてアメを確保しておきたいのでこれは嬉しいです。

⑥タマゴがすべて2km!

イベント時間中に拾うタマゴは全部2kmです。

その中に2km〜10kmまでのすべてのポケモンが入っています。
コリンクも生まれました。

⑦ジムが少なく、レイドバトルはほとんどない

これだけのポケストップの数にもかかわらず、会場にはジムがほとんどありません。
レイドバトルも全くありませんでした。

ギラティナのレイドバトルに関しては、台南全域で一切見かけませんでした。

レイドバトルはこれだけの人数が集まると、おそらくサーバーに負荷がかかったり混雑の原因になるのであえてやらなかったのではないかと思います。

⑧ピカチュウとイーブイのステージ


数時間おきにピカチュウとイーブイのパフォーマンスがあり、希望すると写真を撮ってくれます。

⑨終了後は普通のポケモンに戻る

イベント終了時間の16時半になると、ピタッとレアポケモンの出現が止み、通常のポケモンが戻ってきます。

会場で見つけたすごい人たち

ここからは会場で見つけた面白い人たちを紹介します。

9台持ちのシンガポール人

今回最初に見かけたすごいポケモントレーナー。
シンガポール人で、日本のトッププレイヤーの何人かとは友達だそうです。
9台全てがレベル40で、その中でもメインアカウントは捕獲数22万、累計EXP3億というバケモノでした(僕のメインアカウントの約4倍)。

9台持ちのやばい人

この人も同じく9台持ち。
周囲がざわつく中、無表情で微動だにせず画面を操作していました。

このパネルの内側には、ポケモンの個体値の一覧表が貼ってあるというガチっぷり。
しかし、とても話しかけられる雰囲気ではありませんでした。

アンノーンをコンプリートしたロシア人

会場でふとロシア語が聞こえたのでが話しかけてみると、なんとアンノーン図鑑をコンプリートしたという超ガチプレイヤー。

!と?までもちろん揃っています。

色違いのカブトをゲットして狂喜するアメリカ人

会場でいきなり男の絶叫が聞こえたので見てみると、こちらのアメリカ人が
「色違いのカブトが出た!!」
と大騒ぎしていました。

(ちなみに色違いのカブトはこのイベントではそれほど珍しくありません)

カスミとトゲピー

僕たちの他にいた数少ないコスプレイヤーがこちらのカスミでした。
なんとトゲピーを用意するという芸の細かさ。

すごい人たちはたくさんいましたが、コスプレイヤーが思ったより全然いなくて少し寂しかったです。

こんな格好をして歩いていると、それなりに写真を撮られたりお願いされたりしますが、公式のスタッフからインタビューされたのにはさすがに驚きました。

「僕のTL40x3台持ちなんてまだまだなんだなー」と、上には上がいることを思い知らされた一方で、
たくさんスマホを持っている人ほど楽しそうじゃなかったのもすごく印象的でした。

スマホ1〜2台で友達や家族でワイワイやっている人たちのほうが、イベントを満喫しているような気がしました。

イベントの感想

曇りときどき雨という空模様でしたが、イベント会場は和やかな雰囲気でした。
時間がたっぷりあるので、コミュニティデイのような慌ただしさもなくてゆっくりとポケモンができました。

レイドバトルがないのも会場の混乱を招かなくてよかったと思います。

また、16時半には終了することで必然的に台南の観光に興味が向く人が多くなり、その経済効果はかなりのものだと思います。

会場では台湾ならではの屋台がたくさんあって、縁日のような雰囲気でした。

僕たちは2日目も朝から参加予定ですが、雨の可能性が高そうで残念です。

今からでも航空券は買えるの?

この記事を公開した今日は11月1日です。

イベントは残り4日となりましたが、
「今から航空券を買えるの?」
という疑問を持つ方は多いと思いますが、まだ全然間に合います

ちなみにこれは今日(11月1日)東京←→台湾の往復を検索して見つかった航空券です。

ここから実際は決済の手数料やら手荷物料金、税金がかかってきて40000円くらいにはなってしまうと思いますが、それでも十分安いと思います。
ちなみに僕たちは10月13日頃に予約して、1人往復35000円ほどかかっているので直前の予約料金とそれほど変わりません。

台北から台南、会場へのアクセス

台北からは『高鐡』と呼ばれる新幹線のようなものに乗って台南に行くと便利です。
運賃は大人1枚1300元(4800円程度)で、およそ1時間40分で到着します。

『高鐡』の台南駅は、台南市内の電車では『沙崙駅(さろん、shalun)』という駅です。

ここから台南駅へ電車が出ていて、25分で到着します。

沙崙駅から会場へは無料シャトルバスも出ていますし、荷物が多い人は先に台南市内のホテルにチェックインしてからタクシーで向かってもタクシー代は十分安いです。
タクシーに乗って会場に向かう場合は、運転手さんに『奇美(シーメイ)』と伝えればスムーズに進みます。

まとめ

台南のイベントに参加して、いろいろな国から来たすごいポケモントレーナーたちと出会えたのは貴重な経験でした。

ポケモン以外にも、イベント会場では台南ならではの食べ物がたくさん売っているので、ぜひ観光も楽しんでほしいです!

台南に来る予定の方はもちろん、イベントには参加できないという方もこの記事を読んで少しでも会場の雰囲気が伝われば嬉しいです。

台北観光の様子、美味しかった料理なども日本に帰って記事にしていきたいと思っています。