初耳!!ロシアの迷信8選



この前テレビで「日本の迷信」についてやっていたのを見て、面白いなーと思いました。
と話している中でいろんなロシアの迷信を思い出したので、有名なものをいくつか紹介したいと思います!

1.家の中で口笛を吹くと貧乏になる

ロシアでは建物の中で口笛を吹くと貧乏になるという迷信があります。

理由を調べてみたんですけど、これは大昔から言われているみたいで、口笛が風の音に似ていて、「風は農業に悪い影響を与えたりする良くないものだから」というのが元々の理由みたいです。

私もロシア人の友達が学校とか建物の中で口笛を吹いていて怒られるところを見たことが何回もあります。

私は口笛ができないので怒られたことはありませんw

2.カッコウの鳴いた数があなたの寿命

ロシアではカッコウの鳴き声が聞こえた時、その鳴いた数 x1年が聞いた人の残りの寿命だと言われます。
ちなみにカッコウはロシア語で「Кукушка(ククシュカ)」といいます。

だからといって、カッコウは不吉な鳥とか呪いの鳥だとかいうようには思われていないので、皆そんなに深く考えてはいませんw

気になったのでこの迷信の理由を調べてみたら、昔の東スラブの言い伝えだということがわかりました。
東スラブではカッコウは永遠に死なない鳥だと思われていて、秋になると死んだ人の世界に行ってまた帰ってくるというように信じられていました。
その時に死んだ人の世界で今生きている人たちの寿命を知って帰ってくるというように考えられていたみたいです。

3.家にいるクモを殺すと運が悪くなる

家にクモが入った時、ロシアでは絶対に殺してはいけません。
家にいるクモを殺すと運が悪くなるというのを信じているロシア人は多いです。

だからみんな頑張って家から追い出そうとしますw

4.うっかり皿を割ると幸せがやって来る

「うっかり皿を割ってしまってしまうと将来幸せになれる」というのも有名な迷信です。

ロシアでは食事中や皿洗い中に皿を割ってしまっても、この迷信のおかげであまり怒られません。

レストランとか外ではどうなるかわかりませんw
もちろん、わざと割るのもダメですw

あと、少し欠けてしまった皿やヒビが入った皿をずっと使うのは運が悪くなると言われています。

5.家に鳥が飛び込んだらその家の誰かが死ぬ

これも理由は全然わからないですけど、かなり有名な迷信です。
ロシアではハトとかスズメとかの野生の鳥が家に入ってくるのがよくないと言われています。

家に野生の鳥が飛び込んだら「誰かが死ぬ」とか「不幸なことがおこる」と言われます。

でもペットなどは問題ありません。
インコはロシアでも人気のペットです。

6.鼻がかゆくなると・・・

「なんとなく鼻がかゆい」っていう状態になると、
①「その日にあなたはお酒を飲む」か、
②「誰かに鼻を殴られる」
という可能性があるという迷信があります。
虫刺されの痒みは大丈夫です。

この迷信もみんな知ってるけど、私は全然気にしていません。
でも、私のロシア人の友達が「鼻がかゆいから軽く殴っておいて」と私に頼んで来たことがありますw

7.猫が顔を洗うとお客さんがくる

「猫が顔を洗うと雨が降る」というのを日本のテレビ番組でやっているのを見て驚きました。
ロシアでは、「猫が顔を洗うとお客さんが来る」と言われています。

はっきりとした理由は全然わからないけど、私の予想では招き猫みたいなものだと思います。
顔を洗っている姿がお客さんを呼んでいるように見えるからじゃないでしょうか?

8.引っ越すときは最初にネコに入らせると幸せになる

引っ越したときや新しい家に住むときは、最初にネコに家に入らせるとその家で幸せに暮らせると言われています。

もしネコを飼っていないときは、誰かからネコを借りてくることもよくありますw

まとめ


知っているものはありましたか?

私は迷信はあまり信じてませんけど、ロシア人の中には結構こういうのを信じている人はいるし、日本人にも迷信を信じる人は多いと思います。
実はちゃんと意味があったり、全然意味がわからない迷信もあって面白いですよね!